怖くない?液体窒素治療の治療

怖くない?液体窒素治療の治療

皮膚科での液体窒素を使ったイボ治療についての説明です。
イボの治療で、液体窒素を使った治療、麻酔なしの割と手軽な?治療法です。
患部に約−200度の液体窒素を充てます。充てる時間については、その人の肌の状態や、イボの大きさから医師が判断します。
液体窒素をイボに充てることにより、イボの組織を凍結凝固させるのが狙いです。
その結果、イボが小さくなりますが、1回の液体窒素治療でイボがなくなるというのは難しいでしょう。

 

凍結させたイボの上に液体のクリームを塗る皮膚科もあります。このクリームは正常な肌につくと刺激が強すぎてかぶれてしまいます。
後は医師の指導の通りに生活して下さい。
再診は2〜3週間後が目安となります。
それまでに、イボが水膨れになったり、かさぶたになって剥がれ落ちて小さくなります。
しかし、水膨れの状態がかなり大きい場合、皮膚の状態が明らかにおかしいという場合は、再診を待たずに診察に行かれた方がいいでしょう。

 

私も、液体窒素でのイボ治療で、あまりに水膨れが大きくなりすぎて足だったので生活に支障があり、再診を待たずに診察に行った経験があります。
もし、時間的に難しいというような場合は、一度治療してもらったクリニックに症状を伝えてみるといいでしょう。